自宅サーバでMatrixしたらなぜか自宅のDNSリゾルバが不調ぎみ。 ロングポーリングで自宅ルータのNATテーブルに負荷がかかるとかそんな理由かもしれない。

とりあえず自宅サーバにDNSキャッシュサーバを仕込もう。 といっても先日組んだPCではなく、ここ数年自宅のDHCPdをやらせているRaspberry Piだ。

Raspberry Pi OS (旧名Raspbian) の最新は2021-01-11のBuster(10) らしい

手元のマシンはstretch で、1世代のメジャーアップグレードならまあ成功するだろう(慢心)。

sudo dpkg-reconfigure debconf
# (パッケージ更新時の質問をあまりしないように設定しておく)
sudo sed -i 's/stretch/buster/g' /etc/apt/sources.list
sudp apt update
sudp apt dist-upgrade
cat /etc/issue
## says: Raspbian GNU/Linux 10 \n \l
sudo reboot
# (再起動後)
sudo apt autoremove
dpkg -l | grep ^rc | awk '{print $2}' | xargs -t sudo apt-get -y purge

debconf では Ignore questions with a priority less than:high にしたが、なんと全く質問されずにアップグレードが終わってしまった。順調すぎて驚き。

@tateisu
mod
creator
link
1
edit-2
8M

Unbound

  • sudo apt-get install unbound でインストール。
  • https://gist.github.com/MatthewVance/5051bf45cfed6e4a2a2ed9bb014bcd72 をほぼ全部コピーして /etc/unbound/unbound.conf.d/forwarder.conf を書く。 内容は長すぎるのでgistに貼る。
  • sudo /usr/sbin/unbound-checkconf でエラーが出ないことを確認。コピー元のをそのままとはいかなかった。
  • sudo service unbound restart でサービス再起動。
  • 自マシンのリゾルバからUnboundのDNSを利用するのは 結局 /etc/network/interfaces を編集して dns-nameservers 127.0.0.1 と書き換えて service networking restart してしまった。なんか自動で/etc/resolvconf/update.d/unbound が置かれるみたいだけどresolveconfよく分からん。
  • 自マシンでDNSが引けることを確認したあとは /etc/dhcp/dhcpd.conf を編集してoption domain-name-servers XXX.XXX.XXX.XXX; と書き換えて sudo service isc-dhcp-server restart でスマホ等からLAN内部のDNSが使われるようにした。
  • 他、DHCPを使ってないサーバマシン等のリゾルバのDNS指定も書き換えた。
⌚ガジェット
!gadgets

    ガジェット関連の記事を収集します

    • 0 users online
    • 1 user / day
    • 1 user / week
    • 1 user / month
    • 2 users / 6 months
    • 4 subscribers
    • 26 Posts
    • 19 Comments
    • Modlog